静岡の家具メーカー 有限会社 藤原木工【fujiwara furniture】

TV BOARD

インテリアとしてのTVボード

テレビボードは単なるテレビの台から、インテリアのメインアイテムへと進化しています。
fujiwaraのTVボードはウォームモダンのローボードに、テレビ専用のキャビネット機能を付加し、大型化されたテレビフレームに対応するロングカウンター並みの設置スペースを設け安定性もしっかり確保しています。
また、fujiwaraのトータル家具シリーズのアイテムとしてデザインされていますから、ウォームモダンでの統一観も損なうことがありません。ラインナップには、ホームシアターとインテリアの融合をコンセプトにしたスピーカー内蔵のAVボードタイプもあります。

是非、ショールームでウォームモダンのTVボートとトータルインテリアの魅力をご体感ください。

テレビ台の種類

ローボードタイプ

テレビのサイズを気にせずに置くことができる。
高さが低いので圧迫感がなくお部屋の解放感を演出しやすい。

キャビネットタイプ

周辺機器やDVDなどのソフトなどを収納するスペースを豊富に持つ為機能的で整理しやすい。

FUJIWARAのテレビボード・テレビキャビネットのラインナップ

FUGA item

Low board

price:¥228,900
size: W2100×H560×D490
color:ナラ/ウェンジ
AV収納スペース:W565×H170×D430×4台分
※棚取外し可能
設置サイズの目安 FREE


photo:ナラ

NEWYORKER-jp item

Plasma TV board

price:¥249,900
size: W1800×H510(TH1350)×D500
color:ナラ/ウエンジ

TVスペース:W1360×H840×D430
AV収納スペース:W448×H160×D450×4台分
※棚取外し可能・高さ可変 20mm上下
設置サイズの目安 52V

photo:ナラ

NEWYORKER-jp item

TV counter

price:¥204,750
size: W1800×H570×D500
color:ナラ/ウエンジ
AV収納スペース:W448×H110×D420×4台分
※棚取外し可能
センタースピーカー部:W915×H145×D300
設置サイズの目安 52V

photo:ナラ

テレビを設置する場所を決めるポイント

最適視聴距離の違い

ブラウン管テレビと液晶・プラズマテレビは視聴する時の最適視聴距離(目が疲れにくい距離)が違います。ブラウン管テレビは画面の高さの5倍以上、液晶テレビでは3倍以上の距離が最適視聴距離と言われています。
同じ大きさのお部屋でもより大きい画面のテレビが見やすくなったと言えます。
また目線は10~15度下向きが疲れにくいので、テレビ画面の中心が目線より少し低めに来るように設置すると良いでしょう。

距離:TV画面高さの三倍以上

※テレビは製品の仕様によってサイズが異なります。あくまで目安程度として参考にしてください。

テレビの置き方 まめ知識

1.薄型だからコーナーよりも壁沿いに

大型のブラウン管テレビは奥行きも50cmを超えるものも珍しくなく、36型のワイドテレビでは奥行きは60cmを超るものもありました。
一方、一般的な家具の奥行きは40~45cm程度ですから設置に苦労された方もいらしゃるのではないでしょうか。液晶・プラズマテレビは薄型になり、50型を超えるサイズでも本体の厚さは15cm以下据え付け台の奥行きも45cm以下になってますから、家具の奥行きを気にせずにスマートに設置することが容易になり、配置も自由度が高くなりました。

2.横幅の長さに注意!

ブラウン管テレビからワイドテレビに買換える際に、今見ている絵の大きさと同じかそれ以上ものに買換えたいとお考えでしょう。
ワイドテレビはご存じのとおり従来のテレビに比べて横長です。画面の比率が4:3から16:9になったためです。数値的にはテレビの横幅は約1.3倍広がることになります。少し大きめの画面の物を検討する場合は従来のテレビの1.5~2倍の横幅の設置スペースを想定しておいた方がいいでしょう。薄型になった半面、横幅が広くなったためお部屋の角へ設置するよりも壁に沿って設置する方が配置しやすくなりました。

3.安定感と丈夫さを重視

大きいテレビを載せますから家具自体の安定感も大切です。容易に動かせることも重要ですが転倒してしまっては元も子もありません。
丈夫さも大切です。薄型になり軽量化されたとはいえ、42型では35~45Kg程度の重さがあります。建てつけが甘かったり、板の剛性が弱いものでは…テレビ自体も高価なものですから相応の丈夫な家具を選んでいただいた方がよろしいかと思います。
配線用の穴やAV機器との接続の為のスペースなども見ておくとよいでしょう。

FUJIWARAのトータル家具

最近のデジタル放送への切り替えが進み、鮮明で綺麗な映像を大きい画面で楽しみたいという方が増えているようです。
大画面テレビはお部屋の中でも大きいアイテムなのでデザイン的な主張も大きなものになります。
FUJIWARAの家具は大画面テレビと共にスタイリッシュな空間を演出できるトータル家具です。
是非その目でお確かめください。上質な雰囲気を感じていただけます。
お気軽にFUJIWARAのショールームへお越しください。レイアウトをはじめ各種ご相談を承ります。

ショールームへアクセス

お客様から頂いた見取り図に
FUJIWARA家具を
レイアウト

SHOWROOM

Go pagetop
Copyright © Fujiwara furniture. All rights reserved
有限会社 藤原木工 〒422-8064 静岡県静岡市駿河区新川2丁目9-18 
tel.054-285-1904 fax.054-284-7057